2020年01月05日

今年はと言いながら

毎年のごとく今年は何々。
と、今年も言ってしまうのは生きている。
言いたくなるので。
お正月は毎度かいているが苦手でと思っていたが。
それは形式に従わなければいけないと思いこんでいたので。
今は違い。この環境だったので今があるとやっと感じられるのは厄を過ぎて遅く。
親がいて兄弟がいて同志がいて友がいて恩師がいて。
餅を。

向かう。
らら。

やっと9日ぶりに胡瓜。
これもあれも旬の美味しさが。
また知らないのがくるくるくる。


posted by arase at 23:47| 日記